スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「NOT FOUND」

NOT FOUNDNOT FOUND
(2000/08/09)
Mr.Children

商品詳細を見る


発売当初、桜井さん自身が、「最高傑作」と位置付けた曲。

この曲のメロディーは桜井さんにしかかけないんじゃないかとおもうくらい、なんか他の曲にはない感じ。うまく表現できないのが稚拙で残念だけど、とにかく、ミスチルの長い歴史でいちばんの名曲であるのかもしれないと思うほど。

「NOT FOUND」・・・ 曲名の、退廃的な雰囲気も、いい感じである。

しかし、この由来となったのは、ネットサーフィンをしていて、ページが見つからなかったときに表示される「not found・・・」からとったもの。

そのときのことをうまく暗喩して、詩のなかにも登場させている。
↓↓Cmero

昨日探し当てた場所に今日もジャンプしてみるけど

今日はNOT FOUND 何故かNOT FOUND

ジェットコースターみたいに浮き沈み



気付こうとしなければ気付かなそうだが、
これは桜井さん自身が、エロサイトを探索中、昨日見つけておいたサイトにジャンプしてみたら、今日はなぜかなくなってしまっていた・・・。ときのことを暗喩で意味している。
それで、自分の気持ちはジェットコースターみたいに浮き沈みしたよ~

ってなところな意味なんだろうか。普通の日常の出来事を、そのままに捉えさせず、さも深みのあるように表現させたこの詩は、奥が深い。


この曲の詩は最初から最後まで、奥が深いというのが印象。

どこも省きたくないくらい紹介したい詩の集合体。

一番から。

僕はつい 見えもしないものに頼って逃げる
君はすぐ 形で示してほしいとごねる

矛盾しあったいくつものことが正しさを主張してるよ
愛するって奥が深いんだなあ



ここで特に注目したいのが、「矛盾しあったいくつものことが正しさを主張している。愛するって奥が深いんだなあ」
この何気なく放った言葉が、本当に意味深げに聞こえるのは何故だろうか。
でも、考えてみると本当にそんな気がする。
矛盾だらけのことがたくさんあって、そのなかで、それぞれの矛盾が正しさを主張している。愛もその一つ。矛盾だらけのこと。だから愛は奥が深いんだなあって、呟くように言ってる感じがとてもいい。


二番の出だし。殺し文句である。w

愛という素敵な嘘で騙してほしい

深すぎてなんだかよくわからないwどうとらえたらいいのかわからないけど、とにかく深い('_')
良すぎる。。。。。


自分だって思ってた人格が また違う顔をみせるよ
ねえそれって君のせいかな


一番好きな部分であるかもしれない。
いままで「これが自分だ!」自分なりに思ってた人格=ひとが、また違う一面を見せてくる。「あれ?自分こんなんだっけ?」と思うことあると思う。

それって君の存在がそうさせているんだろうか?と疑問に思いながらも確信を得てる感じ。
ある人の存在が自分の人格を変えることってあると思う。それはいい意味でも悪い意味でもあって、でもとても素敵なことだと思う、そうやって成長していくんかな。

そのことををうまく歌ってくれて、言葉にして表現してくれて、共感極まりない。


最後にサビ。

ああ何処まで行けば 解り合えるのだろう?

歌や詩になれない この感情と苦悩

君に触れていたい 痛みすら伴い

歯痒くとも 切なくとも 微笑みを 



まず、歌であり詩であるのに、詩の中で「歌や詩になれない この感情と苦悩」

と歌い上げる。「歌や詩になれない」この感情を、感情をそのまま詩にしてしまう。

他の作詞家には真似できない気がする。

んで、「君に触れていたい 痛みすら伴い」

痛みすら伴いってのがまた深いですね。

どこまでの苦悩を経ての表現なのか。

そして歯痒くとも 切なくとも

それでも微笑みを・・・。と

締める。

脱帽です。名曲です。間違いない!('_')









スポンサーサイト

テーマ : Mr.Children - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。