スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選んだ道

どういうわけか毎日がモノクロになったみたい。


交わす言葉もなくただ、


すれ違うだけの人々


この世界で出逢ってる人たちのほとんどは


実は話すことも一生ないまま



ただすれ違うだけの小さいけれど大きな運命に左右されてる。



そんな毎日をモノクロとなずけた。


モノクロに存在する自分は

口を使うことを要しない。


起きて、家を飛び出し、モノクロの人たちと出会う。

でも、交わす言葉はなく、すれ違うだけ。

予備校に入り、いつもと同じ席に座り、


もくもくと机と自分にのみ対峙する。


まわりのモノクロの人たちもまた同じように

机と対峙してる。

そこまでの運命。そこまでの距離。

この差は縮まらない。


そしていつもと同じように同じ気持ちで席を立ち、

スターバックスでコーヒーを飲みながら一服する。


会話が耳に入ってくる。

「だからいってんでしょ!あなたといると、わたしがいきいきとできないの。なにをしたらいいかわからなくなるの!」

別れ話をしているカップルの話だろうか。

そんなことを言われても困るといった顔をしている♂の表情が目に入った。

テストの話をしている大学生。

もくもくと本を読む人。


同じような飲み物を飲み、同じような会話をしているのに、

近くても遠い距離。結局ここにいてもモノクロのままだ。


そしてカフェモカを一気に飲みほして


席を立った。


なんだか無性に寂しくなった。


口を使ったのはあくびくらいだろうか。

いや、ウーロン茶を飲んだ。コーヒーも。

音声を発しない日々。


こんな毎日をただ単純に繰り返す。


就活してる人、はやくおわらないかなー。がんばれーー。

こういうときに後輩がほしいなー笑

一日中会話の相手が、参考書ではORZ

一人暮らしの受験生ってのもなかなかきついな(';') 

♪選んだ道とはいえーーときに険しくもありーー
些細なことで僕等は泣き笑う♪

さすがに一日誰とも話さずに、それが何日か続くときっついなー。

飲みに生きて――。




たーだー目の前に並べられた 仕事を手際よくこなしてく

コーヒーを片手にして

いいさーー

誰が褒めるでもないけど

小さなプライドをこの胸に 勲章みたいにつけてー 



モノクロの僕の毎日に 増やしていく きれいな彩り

「彩り」にすくわれる\(-o-)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。