スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この道を行けば

昨今、大変忙しい日々を送っていて

ブログなんぞに手を染める時間がなく、気付けば、訪問者0の日々も多かった

埋もれかけたブログでしたが


このたび、久しぶりに書いてみたくなったので筆をとるに至り。


しかしまあ、なんとやら、

今日は、税法の授業にでたあと、

小田垣の車に乗って、天一ほんてんへ。

そこでなぜか、冷やし中華を頼んだもんだから

なんだか味も味気なく、悲しげに。

近くのバッティングセンターで、

対決をし、卓球をし、お馬さんゲームをして

帰ってきたのはよかったのですが、

もうなんというか、

図書館についたとたんに疲れて就寝。。

起きても頭がさえず

そのまま帰宅。

今に至るーー。だめだーーーーーーーーーこりゃだめだーーーーーーーー。

大学院に行くことを決めたんだけども

先のことを考えれば考えるほど、

その先のことが心配になってしまい、

行動が前に進まない。


そんなとき、助けてくれたのはこの言葉でした。うんうんw



この道をいけば

どうなるものか

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

踏み出せばそのひとあしが道となり

そのひとあしが道となる

迷わず行けよ

行けばわかるさ




ほんとにいい言葉。

猪木が言っていたことで有名らしいけど、

俺が知ったのはミスチルの one two three の歌詞から。

でも、さらに起源は、

あの一休さんだと言われてるらしい。でも確証はないらしいんだなー。




やっぱどうしても将来のこと考えると、この道でいいのかとか、踏み出す勇気とかそういったものがどうしても足りない。

だって他の道もあるわけだからさ。

安全な道だって。

どうしても安全欲求があるから、そっちよりになってしまうよ。

これからのこと考えるとほんと先が見えなくて出口のないトンネルで


トンネルを抜けると また次のトンネルで

果てしない闇も永遠の光も ないって 近頃は思う

だから自分のせいと思わない とか言ってないで やってみな



ミスチルの天頂バスから。


昨日先生に、優柔不断だけど税理士になりたいという想いだけは貫徹してるんだなと言ってもらったけども、

それで思い出した。

小学校の卒業式での宣誓みたいなやつで、

そのときから ぜいりしになる

とか、どんな仕事かもわかってないのに言ったなーってこと。

そういうのなんか大切にするのもきっと悪くないな。

現在の税理士業界とか、今後独立に至るまでの苦労とか考えると、怖いけど、

自分でやってみたい。

自分で考えて、事務所の所長としてやってみたい思いがある。





そういえば、今週金曜日に


人生はつのビアガーデンにやっとの思いで、行けることが確定

うれしすぎる

なぜか大学に入っていきたくて仕方なかったのに、いけなかった

あのビールの聖地。

ああ、ビールの聖地。

しかも、おれが完全に独断で進めたもんだから

まさに私のオールスターメンバーともいってもいいほど、好きなやつたちといくことができます。

うれしいなー。


楽しみ。

こんなよるのはなし

東京を象徴してるロボットみたいなビルの街

目一杯 精一杯の働く人で今日もごった返してる

描いた夢 それを追い続けたって 所詮 モノにできんのは 一握りの人だけだと 知ってる

それならばなんのために頑張ってる?
とかいいながら わかってる
この街に大切な人がいる


夜行バスでのらりくらり。

東京からのらりくらり

京都まではやくついてほしい。

運転手さんと乗務員が世間話で盛り上がってる

これは安全上いいのかいいのか??

とおもいながら

バスに揺られている


隣の席のサラリーマンの靴下のほがらかな香りが

ほどよい安らぎを妨げる

東京は後戻りしない

老いてくものを置き去りにして


隣の青年のジャンプを横目でちらちらみている

こち亀はまだだろうか

あ、閉じられてしまった


五反田でラーメン食うつもりが慣れ親しんだすき家に入るという失態

試験会場で鉛筆を忘れるという失態


初めてのカプセルイン。
たくさんの押し入れにたくさんのおじさん達が収容される様は
とても滑稽だった

歌舞伎系兄さんの勧誘に乗り、広島系ジョナさんと乗り込んだ新宿居酒屋。
謎のサービス料発生で闇の世界を知り、

半泣きで駆け抜けた歓楽街


湯島天神で将来を案じてお祈りを捧げ

東京タワーからロボットの街をみた

吉祥寺でラーメンをすすり、
身の上を振り返り感じたことは



平和だ


平凡で、スリルはないけれども


なんだか平和っていいな


平和ボケするくらいが意外と丁度いいのかもしれない


あぁひまだ

おお

気がつけば

三回生秋学期にして


祝 初フル単!!(@_@;)


いやあ、いい響きだ。フル単って。

一度でいいから

「どうだった?」


「え、そりゃおまえフル単だろ!(^^)!」

って言ってみたかったんだ。


歓喜!!

ジョボールバルの歓喜奇跡!!

シンマチーの奇跡!!


独りで祝い酒


乾杯!!



。。。でも四回生を迎えるにあたり、、まだ20単位以上もある。。ORZ

という暗黒面の存在。カオス。

意外にきつそうだな四回。。



そして、今更ながらワンピースにはまって

猛烈なスピードで、

ジャンプに追いつこうと毎日が必死(';')

やっと空島キターーーーー\(◎o◎)/!

まだまだ先は長いなORZ





というわけで、毎日毎日

図書館とワンピース、時々さとうのごはん生活を繰り返すだけ

そんな毎日もいいさー


もういいや もういいや

疲れ果てちまった

そういって  そういって


ここまで来たじゃないか♪



あかん、最近図書館二人娘が必ずおれが図書館に行くと立ちはだかる

完全に冷戦状態


すれ違うとき、火花が散る

負けたくねえーー



ヒマラヤほどの消しゴムひとつ

楽しいことをたくさんしたい


調和



調和をはかるのが難しくなってきた。

だから敢えてこう言おう。

調和はやめた!と。

つたない経済学の勉強をしていて思うのは、なんでもかんでも均衡だったり、完全だったり、調和する点を探している。

しかし、調和は、バランスをとった結果でしかない。

すこしくらいはみ出したほうが実はよかったりするんだ。
実学上ではそうでなくても、こういう実世界に身を置いていたりするととくにそういった要請を体に受けているのを感じる。

はみだしすぎたらむしろ中途半端にはみだすことよりおもいっきりはみだしたほうがかえって目立ったりする。


非常に抽象的な話になってしまったけれど、

要するにもう悩むのは疲れた。
悩むのに疲れて、もう考えたくないからやめてしまおう、と放り投げるのが合理的で、解決に導かれる方法のように思われるけれど、


実際のところどうなのだろう。


もう疲れたんだとにかく

悩むことに。四六時中思い煩うことに。


どうしたものか。

自分らしくもない。

もしくは自分らしさがわかってなかっただけかもしれない。

とにかく、どこの均衡点に落ち着こうか模索している。

もしくはどこかの不完全だけど何かの可能性を感じる点を。

小春日和

先ほど、実家からハイチュウが届いた。



世の中数え切れないほどの食糧であふれているこの時代。


そのなかでなんであえてハイチュウなのだろうと小一時間考え込んでしまった。

だってそうでしょう。ハイチュウだよ。

このおなかがすいた男子大学生に敢えてのハイチュウだよ。何か陰に見え隠れする陰謀でもあるんだろうか。



母上はハイチュウでおなかを満たせと申されるているのだろうか。

いやいやいやいや(@^^)/~~~

牛丼のもととか、パスタとかなんかそこらへんのインスタントとかとてもたくさんの選択肢が世の中にはあふれているはずだ。

その中であえて「ハイチュウを思う存分食べなさい」と母はきっと思ったのだ。

その思考過程が私には解せない。

どうしても解せないのだ。

ただでさえ日ごろから金銭難で、白髪も生えてくるのではないかと思うほど悩んでいることを知っているはずなのに、

なんでハイチュウなのだろう。

皮肉っているのだろうか。

おまえごとき「ハイチュウで十分だ」と下手に見られているのだろうか。

しかし、それではあまりにもハイチュウに失礼ではないか。

ただでさえハイチュウは、「ぷっちょ」が飛ぶ鳥を落とす勢いで進出してきてからは、肩身の狭い思いをしているはずなのに。

どうしてハイチュウのせいにできよう。

ハイチュウは定期的に新しい味をだしてみたりして、少しでも、少しでも真新しさを維持しようと必死なのに。

それをどうして私たちごときが否定できるというのか。


ここで一つの考えが私を包み込んだ。


ハイチュウは実はとてもおなかを満たしてくれる食べ物なのではないだろうか。

ハイチュウはおなかを満たさないただのちゅーいんぐガムみたいな、しょうもないおやつでしかない。

というステレオタイプな考え方がそもそも、私の思考の幅を狭めてしまっているのではないか。

そうだ、そうなのだ。

そういうことだったのか。

ハイチュウにはそういう力があったのか。

それがここまできっと、ハイチュウという食べ物が日本中で食べられてきた一つの答えだったのだな。

今目の前にあるその圧倒的な存在を、あえて徹底的に懐疑してみると、

思いもよらない答えにたどり着くときがある。


そんなことに気付いた。ついに気付いてしまった。



ということで、


考えすぎたらおなかがすいてきたので、




実際に、食べてみた。




もぐもぐもぐ。もぐもぐもぐ。もぐもぐもぐ。

たくさんたくさん読書しながら食べました。


ああ、おなかいっぱい\(◎o◎)/!



・・にはならずに、おなかがいたくなりましたとさ\(◎o◎)/!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。